東京都 | ワークショップ専門スタジオ【 BMS-R-Lab 】

ヨガ求人| ワークショップ専門スタジオ【BMS-R-Lab】[ ヨガスタジオ ]

担当者名 | 松山
メール | saiyou@zen-jp.info
連絡先電話番号 | 03-6409-6502
必要な資格やスキル等 | ◎英語で日常会話できる方(ビジネスレベル尚可)
◎企画や営業経験者優遇
応募締切り | 2014 6 1

ヨガ求人内容
ワークショップ専門スタジオ【BMS-R-Lab】の企画運営担当の募集です。
(株)ぜんは本格的なヨガ・ピラティスの専門スタジオを運営しておりますが、
さらに深く学びたい方のためにワークショップ専門のスタジオとして【BMS-R-Lab】を立ち上げました。
多くの皆様が心と身体、精神を学び、そしてより健やかに生きる知恵などを知る。
海外の有名講師も毎月来日する活気のあるスタジオです。

【最近の一例 】
☆米国の老舗yogaworks認定講師 Birgitte Kristen
☆音楽とヨガを融合し心を開放 Will Blunderfeild
☆ピラティスがもっとわかってもっとラクに アレクサンダーテクニーク Basil Kritzer

■募集の背景
2004年の設立以来、ヨガ・ピラティスで多くの方々を健康へと導いてきた当社。
現在、社会貢献型ビジネスのパイニアとなるべく【株式上場】を目指しています。
多くの方々から好評を頂いている当社のワークショップ専門スタジオをさらに充実させていくために
企画運営担当者を募集しております。

■仕事の内容
ワークショップ専門スタジオ【BMS-R-Lab】の企画運営のお仕事です。
【具体的には】
・世の中にどんなニーズがあるのか?リサーチ
・講師にコンタクト&打ち合わせ(国内だけではなく海外からも講師を探しコンタクト。講師養成コースの場合はyogaworksやBASIピラティスの米国本部とやり取りして進めます)
・マーケティング(自社HP、Facebook、プレスリリース等)

ワークショップの企画を自分で立てることができます。
「企画は90%以上通ります!」担当者談。
ビジネスや人との出会いを自分きっかけで作っていくことができる、既存社員にも人気のポジションです。
既存メンバーは現在2名。
チームでお仕事を進めますので初めての方でも安心してスタートできます。

■対象となる方
◎健康・医療の分野や、社会に貢献できるビジネスに興味がある方
◎英語で日常会話できる方(ビジネスレベル尚可)

【具体的には】◇ベンチャー企業でチャレンジしてみたい方 ◇人に喜ばれることが好きな方 ◇自分の仕事に誇りを持って熱中したい方 ★成長企業ならではの意識の高さがあります★ ★会社と共にご自分も成長できる★

■勤務地
渋谷区広尾1-15-3 増田ビル4F 恵比寿駅徒歩5分

■勤務時間
フレックスタイム制 標準労働時間:8時間/日 ※8:30〜17:30勤務の方が多いです

■給与
月給20〜35万円 ※経験・能力考慮

■待遇・福利厚生
昇給年2回、賞与年4回
社会保険完備、資格取得制度、各種研修費用100% (研修費用の全額を会社が負担)
社員旅行 (毎年9月開催 ★2012年沖縄 ★2013年は屋久島へ行ってきました!)
懇親会(毎月1回全社員集まっての大宴会!)
コーチング(仕事やプライベートについて当社選任のプロコーチのセッションを年2回受けることができます)

■休日・休暇
完全週休2日制
夏期・冬期
年次有給(10〜20日)
慶弔休暇
育児休暇
産前産後休暇
リフレッシュ休暇

当社はスタジオ運営だけではなく、ヨガ・ピラティスを核とした新規事業も積極展開しています。
今までにない新しい価値を創造していく「医療・健康業界のパイオニア」へと変貌中です。
社会貢献度が高く、成長性も高い当社で、あなたの力を自由な発想で存分に発揮してみませんか?

■CORPORATE SITE

■FACEBOOK

■RECRUIT

■STUDIO

■WORKSHOP

■FOR TEACHER

■MEDICAL

■YOGA ポータルサイト(ヨガ ボヴォ)

求人詳細URL : http://saiyo6.wix.com/zen-recruit

a__MG_8881.JPG

junbanno

junbannoNPO法人NaYOGA理事長

投稿者プロフィール

2003年からヨガのポータルサイトの運営をして翌年NPO法人NaYOGAを設立。
活動的にヨガのイベントの企画や運営に関わる。
しかし2011年3月11日(金)に発生した東北地方太平洋沖地震以降はヨガから距離を置きパーティーカメラマンとして仮装してパーティーを撮影し「人々の楽しみ」をテーマにした活動に変更。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

ページ上部へ戻る