Nayogaのテーマ曲?

2011年の曲になりますがNayogaという曲があります。
Odd Futureの一員でありMellowHypeのメンバーのHodgy Beatsの「Nayoga」です。

Hodgy Beats/Jonti – Nayoga

Odd Futureといえば僕の中では”Oldie”の時にテリー・リチャードソンのスタジオでのフリースタイルが印象的です。

Nayogaのリリックはこちら
You wanna know something sick?
You got me sick in paranoia
Rubbing Vicks on my imagination
Caught in a daze, flight of fancy
Articulation, she the air
I want to respirate, or hyperventilate
Shit when I feel the fabrics of her mind, she so reactant
Trampoline infection,uh, plus the backflips
If she don’t like some shit she talk back quick
With skintone brown like Orlando
Magic Johnson was number 32
Chamberlain off the loop
We’re an obligated team to win, just shoot through the hoop
If you miss I’d rather rebound
Although I ain’t a rebound
You speak my name in eerie sounds
You my queen I’m your king now
I like the ring to the tone of the ringtone
Call and answer like I heard 3 phones
Going off equivalent. For her? Chivalry
Too icy, nigga: real jewelry

And experience is a journey aby
Whether dead or alive, I exist to survive
Like the group U-N-I, you and I divide
Our chicken and watermelon
Atom bomb taste but waste is a larger weapon
This used to fall depressant to bomb an essence
Farmer’s freshness is like a farmer’s preference
Which is an honor’s reference fuckable uh

あなたは病気の何かを知りたいですか?
あなたは妄想で私が病気になりました
私の想像上ビックスをこすり
ボーッとつかまえ、空想の飛行
調音、彼女は空気
私は人工呼吸させる、または過換気したいです
たわごと私は彼女の心のファブリックを感じたとき、彼女はそのように反応物
トランポリン感染、ええと、プラスbackflips
彼女はいくつかのたわごとを好きではない場合、彼女は素早く口答え
オーランドのようなskintone茶色と
マジック·ジョンソンは、数32でした
ループオフチェンバレン
我々は勝つために義務付けチームだ、ちょうどフープを介して撃ちます
あなたが欠場した場合、私はむしろリバウンドしたいです
私はありませんが、リバウンド
あなたは不気味な音で私の名前を話します
あなた私の女王私は今、あなたの王です
私は、着信音の音にリングが好き
電話して、私は3の電話を聞いたように答えます
同等のものをオフに行きます。 彼女のために? 騎士道
あまりにも氷のような、ダチ:本物の宝石

と経験がABY旅です
死んでいるか生きているかどうかは、私が生き残るために存在します
グループUNIと同じように、あなたと私は分裂します
私たちの鶏とスイカ
原子爆弾の味が、無駄に大きい武器であります
これは本質を爆撃する降下を落下するのに使用します
ファーマーズ鮮度は農家の好みのようなものです
それはええとやれる名誉のリファレンスです

junbanno

junbannoNPO法人NaYOGA理事長

投稿者プロフィール

2003年からヨガのポータルサイトの運営をして翌年NPO法人NaYOGAを設立。
活動的にヨガのイベントの企画や運営に関わる。
しかし2011年3月11日(金)に発生した東北地方太平洋沖地震以降はヨガから距離を置きパーティーカメラマンとして仮装してパーティーを撮影し「人々の楽しみ」をテーマにした活動に変更。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

ページ上部へ戻る