【無料で資料請求】ぼっこのRYT200オンライン取得は安い?ヨガインストラクター養成講座の口コミ・評判!料金まで解説!

この記事で分かること3選
  1. ぼっこのRYTオンライン養成講座は安いのか?
  2. RYTオンライン養成講座の平均費用について
  3. ぼっこのRYT養成講座の口コミ・評判、特徴や料金など
海ヨギ
こちらの記事では、「ぼっこ」でRYT200を取得したい人のために、分かりやすく口コミや評判、料金を解説をしています

さらに、そのほか人気RYTスクールとも比較をして、RYT200を最安値で取得できるスクールの費用相場もまとめています

オンラインでRYT200やRYT500、RPYT(マタニティヨガ)、 RCYT(キッズヨガ)の資格を取りたい人は、参考にしてみてくださいね。

【ぼっこの基本情報】RYT200オンライン取得の料金は安い?

ぼっこのヨガインストラクターのトップ画像画像引用元:ぼっこ公式サイト

ぼっこ(Bokko)
料金(税込み)
  • RYT200養成講座:195,000円(税込)
  • 資料請求:無料(養成講座の割引クーポン、修了生の活躍例など含むカラー冊子)
講座内容
  • 座学・基礎実技:170時間の視聴
  • Zoomメンターシップ相談会:6時間
  • 対面実習:4日間
返金保証30日間の返金保証あり
(返金手数料として16,000円が差し引かれます)
支払方法現金、クレジットカード、Paypal、銀行振込、分割払いの相談可
実店舗あり
住所:滋賀県守山市播磨田町185-1 モリーブ2階 ヨガスタジオぼっこ守山モリーブ店
ぼっこの特徴
  • 全米ヨガアライアンス認定校
  • 女性専用のスクール
  • 試験なしでRYT200の取得が可能
実技実習会場(17都道府県)北海道(札幌市)、宮城(仙台市)
東京、千葉、埼玉、神奈川(横浜市)
静岡(静岡市、浜松市)、愛知(名古屋市)、岐阜
滋賀、京都、大阪、兵庫(神戸市)
岡山、広島、福岡

ぼっこのRYT200のオンライン養成講座」は、税込195,000円のため、他スクールと比べて料金が安めになります。

また、ぼっこのRYT養成講座は、「全米ヨガアライアンス」を基準に準拠していることも特徴です。

そして、ぼっこは30日間の返金保証も付いているため、万が一合わないと感じた場合、安心感があるでしょう。

ぼっこは、ヨガインストラクターとして起業するためのノウハウにも力を入れているため、ヨガを仕事にしたい人は、ぼっこのRYT養成講座をおすすめします。

公式サイトを見る

ぼっこRYT養成講座のオンライン取得の5つの特徴

海ヨギ
ぼっこRYT養成講座のオンライン取得の5つの特徴について解説していきます。

ぼっこの特徴①:全米ヨガアライアンスの認定校

ぼっこのRYT養成講座は、すべて全米ヨガアライアンスの基準を準拠しているため、安心感があります。

また、RYT200だけでなく、RYT500、RPYT、RCYTなど、すべての資格を取得できることが、ぼっこの特徴でしょう。

ぼっこの特徴②:女性専用のスクール

ぼっこは、女性専用のスクールになっています。

そのため、男性は受講できないことは注意が必要です。

ぼっこの特徴③:受講するための期限が無い

ぼっこは、受講を受ける期限がないことも大きな特徴でしょう。

そのため、時間があまり取れない人でも、余裕を持ってRYT200を学べるスクールです。

ぼっこの特徴④:試験無しでRYT200が取得できる

ぼっこは、試験無しでRYT200を取得できます。

しかし、2024年以降は、厳しい新シラバス(講義)に移行していくため、RYT200を取得する際も試験が必要になっていくかも知れません。

ぼっこの特徴⑤:無料配布の資料がとても役に立つ

ぼっこの無料請求できる資料には、「講座の割引クーポン」や「ヨガお仕事図鑑」など、学びになる情報が満載です。

無料資料の請求方法については、RYT無料資料の請求方法で詳しく書いているため参考にしてみてください。

【最安値は?】ぼっこと、そのほか人気ヨガインストラクター養成講座5つの比較!

ぼっこマジョリ(MAJOLI)ヨガワークスオムヨガヨガフォーライフゼロカラYOGA
RYT200の料金(税込み)195,000円248,000円398,000円
  • 319,000円(オンライン)
  • 374,000円(対面)
220,000円132000円
返金保証ありなしなしなしなしなし
特徴
  • 全米ヨガアライアンス認定校
  • 女性専用のスクール
  • 試験なしでRYT200の取得が可能
  • 全米ヨガアライアンス認定校
  • 最短1ヵ月で資格取得が出来る
  • オンラインのみで資格取得が可能
  • 全米ヨガアライアンス認定校
  • オンラインか通学コースを選べる
  • 最短1ヵ月で資格取得が出来る
  • オンラインは対面より価格が安い
  • 最短1ヵ月で資格取得が出来る
  • バリ島でヨガのレッスンが受けられる
  • 全米ヨガアライアンス認定校
  • オンラインのみで資格取得が可能
  • 全米ヨガアライアンス認定校
  • オンラインのみで資格取得が可能
  • RYT200の資格取得の費用が安い
公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト

RYT200を最安値でオンライン取得できるのは、ゼロカラYOGA(132,000円)になります。

ぼっこは、195,000円のためゼロカラYOGAと比べると、少し値段は高くなります。

しかし、ぼっこは「30日間の返金保証」「ヨガインストラクターで起業するノウハウに力を入れている」など、他スクールには無い特徴があります。

RYT200、RYS300、RYT500、RPYT、RCYTを取得する費用相場

資格種類料金の費用相場
RYT200252,000円~
RYS300360,000円~
RYT500560,000円~
RPYT157,000円~
RCYT160,000円~
 費用相場の基準について
各資格を取得するための費用相場は、当サイトで口コミ記事を紹介しているスクールの平均金額を算出して、料金の相場として記載しています。
海ヨギ
すべてのスクールが、RYTフルスクールではない事は覚えておきましょう。

スクールの中には、RYT200のみしか講座を受けられないサービスもあるため、注意が必要です。

ぼっこは、RYTフルスクールになるため、RYT200だけでなく、RYS300、RYT500、RPYT、RCYTを取得できます

ぼっこのRYT200オンライン養成講座はおすすめ?

ぼっこの評価 4.8
【結果:非常におすすめ!

ぼっこのヨガインストラクターのトップ画像

画像引用元:ぼっこ公式サイト

評価
総合評価総合評価
4.8

総合評価の基準
当記事の総合評価の項目や基準は、当サイトが独自に調査と集計をして記載しています。評価の指針は、資格を取得するための料金のコストパフォーマンス、口コミ評判の評価、知名度や人気、取得できる資格の種類を元に算出しています。
料金(コスパ) 4.5

  • RYT200養成講座:195,000円
  • 資料請求:無料(養成講座の割引クーポン、修了生の活躍例など含むカラー冊子)
口コミ評価 5.0

口コミ評価の基準
口コミ評価については、公平性の高いGoogleマップの口コミを調査してまとめています。SNSやネット上の口コミや評判からも評価の対象としています。Googleマップは、★5を5点、★4を4点、★3を3点、★2を2点、★1を1点として計算をして、数を割ることで評価の平均を算出しています。

Googleマップの口コミ良い口コミ悪い口コミ口コミ評価
ヨガスタジオぼっこ守山モリーブ店1件0件 5.0
知名度・人気 4.5

全国17カ所で対面講座の受講が可能

取得できる資格 5.0

5種類(RYT200、RYS300、RYT500、RPYT、RCYT)

 

公式サイトを見る

ぼっこの口コミ・評判まとめ!おすすめする人・しない人のまとめ

ぼっこのRYT200オンライン養成講座について、良い口コミ~悪い評判まで、分かりやすくまとめてみました。

ぼっこの良い口コミ・評判

  • 3週間でRYT200を取得できる!
  • ヨガを仕事にしたい人は、ぼっこが大正解!
  • 1歳の子供を育てながらRYT200を取得できる!
  • 受講生の個性を大事にしてくれる!

ぼっこの悪い口コミ・評判

執筆時(2024年1月)の段階では、ぼっこの悪い口コミは見つかりませんでした。

今後、悪い口コミや評判が見つかり次第、追記をしていきます。

ぼっこのRYTオンライン取得をおすすめする人、しない人

ぼっこのRYT200オンライン養成講座を「おすすめする人」と「おすすめしない人」をまとめてみました。

海ヨギ
ぼっこは、「コスパの良さと、返金保証のあるスクールを利用したい人」におすすめです。
おすすめする人
  • 全米ヨガアライアンス認定校で資格を取得したい人!
  • 女性専用のスクールに通いたい人!
  • コスパ良くRYT200の資格を取りたい人!
  • 返金保証のあるスクールを利用したい人!
おすすめしない人
  • オンラインだけでRYT200の資格を取りたい人
  • もっと安い料金で資格を取得したい人

ぼっこのRYT200オンライン養成講座は、コスパ良くRYT200を取得したい人におすすめです。

また、女性専用スクールに通いたい人や、返金保証のある講座で学びたい人にも向いているでしょう。

しかし、オンラインだけでRYT200を取得したい人にはおすすめしません。

ぼっこでは、無料請求できる資料で、割引クーポンの配布などをしているため、興味のある人は、まず資料請求をしてみることをおすすめします。

公式サイトを見る

ぼっこのRYTオンライン養成講座の口コミ・評判を厳選して紹介!

ぼっこのRYT200オンライン取得について、口コミや評判を厳選してご紹介します。

枠内の青い文字をクリックすると、各リンクまでジャンプしますので、気になる口コミを押してみてください。

①ぼっこの良い口コミ・評判:3週間でRYT200を取得できた!

ぼっこの良い口コミには、「3週間でRYT200を取得できた!」という評判がありました。

評価: 5.0

3週間でRYT200を取得できました!

実習では講師の先生やアシスタントの先生がとても丁寧に教えてくれたり、実際にレッスンを行う際のコツなどを教えてくれたのでとても勉強になりました。

引用元:ぼっこ公式サイト

ぼっこは、オンライン講座170時間、対面実習30時間を受講することで、RYT200を取得できます

また、30日間の返金保証も付いているため、安心感の高さも抜群のスクールになります。

②ぼっこの良い口コミ・評判:ヨガを仕事にしたい人は、ぼっこが大正解!

ぼっこの良い口コミには、「ヨガを仕事にしたい人は、ぼっこが大正解!」という評判がありました。

評価: 5.0

スクール選びは、場所や料金などを含めていろいろご検討になるのがよいと思いますが、ヨガを本気でお仕事にしたい方は、ぼっこが大正解だと思います。

講師の皆様が、自分でもヨガのプロジェクトを複数持たれており、受講生にもスタジオインストラクター、スタジオ運営者、オンライン発信などでヨガをお仕事に出来るいろいろな方法や注意点を伝えてくれています。

引用元:ぼっこ公式サイト

ぼっこは、RYT200の資格を取ったあと、ヨガインストラクターとしてスムーズに起業することに力を入れたスクールです。

あなたがヨガインストラクターを本気で仕事にしたいと考えているならば、ぼっこのRYT養成講座はきっと力になってくれると思います。

③ぼっこの良い口コミ・評判:1歳の子供を育てながらRYT200を取得できた!

ぼっこの良い口コミには、「1歳の子供を育てながらRYT200を取得できた!」という評判がありました。

評価: 5.0

当時1歳の子どもを育てながらでもRYT200を取得できました!

オンラインでの実技の講義は先生やアシスタントの方と一緒に体を動かしながら受けることができて楽しかったです!

最後の実習ではリアルに先生や他の受講生と会うことができたのもよかったし、実際に会うことで仲間意識も芽生えました。

引用元:ぼっこ公式サイト

ぼっこは、Zoomや動画を利用して、講義やメソッドを学べるため、子育てをしながらRYT200の資格を取得できることが特徴でしょう。

4日間は対面実習がありますが、受講期限が無期限であることや、リテイクが無料のため、安心して学べる講座になります。

④ぼっこの良い口コミ・評判:受講生の個性を大事にしてくれる

ぼっこの良い口コミには、「受講生の個性を大事にしてくれる」という評判がありました。

評価: 5.0

ヨガはこうあるべきでこういう風に教えなきゃだめみたいな型にはまった教え方をするのではなく、

基本はしっかり押さえながらも受講生それぞれの個性を大事にしてくれるので、私は居心地良く学ぶことができました。

引用元:ぼっこ公式サイト

ぼっこは、一人ひとりの個性とヨガを組み合わせていくことを大切にしています

「ヨガはこうじゃなくてはいけない」という固い考え方ではなく、柔軟な思考でヨガを学びたい人に、ぼっこはピッタリでしょう。

⑤ぼっこの悪い口コミ

海ヨギ
ぼっこの悪い口コミは、執筆時(2024年1月)の段階では見つかりませんでした。

今後、ぼっこのRYTオンライン養成講座についての悪い口コミや評判が見つかり次第、追記をしていきます。

【ぼっこ】ヨガインストラクター資格を取得する料金費用

ぼっこのRYT養成講座の料金についてまとめています。

ぼっこでは、複数の養成講座をセットで受講することで割引を受けられることがあります。

複数の資格を取りたい人は、無料請求できる資料にて詳しく確認することができます。

海ヨギ
ぼっこで取得できる資格は、RYT200、RYS300、RYT500、RPYT、RCYTの5種類です。

1.RYT200

内容
料金(税込み)
  • RYT200養成講座:195,000円
備考
  • 総学習時間:200時間
  • オンラインと4日間の対面実習

2.RYS300

内容
料金(税込み)
  • RYS300アドバンストトレーニング:395,000円
備考
  • 総学習時間:300時間
  • RYT200の取得が終了後に受講可能

3.RYT500

内容
料金(税込み)
  • RYT500養成講座:575,000円
備考
  • RYT200とRYS300の同時申込の特別価格
  • 総学習時間:500時間

4.RPYT(マタニティヨガインストラクター)

内容
料金(税込み)
  • RRYT養成講座:157,500円
備考
  • 総学習時間:85時間
  • オンラインのみで取得可能
  • 妊娠中の受講も可能

5.RCYT(キッズヨガインストラクター)

内容
料金(税込み)
  • RYCT養成講座:169,500円
備考
  • 総学習時間:95時間
  • オンラインのみで取得可能
  • 妊娠中の受講も可能

6.資料請求

内容
料金(税込み)
  • 資料請求:無料
備考
  • 養成講座の割引クーポン
  • 修了生の活躍例など役立つ情報が満載
  • 読みやすいカラー冊子
無料資料請求無料資料請求はこちら

ぼっこのRYTオンライン取得のメリット・デメリット

ぼっこのRYT養成講座のオンライン取得のメリットとデメリットについて解説します。

ぼっこのRYTオンライン取得のメリット

ぼっこのRYTオンライン取得のメリット
  1. RYT200だけでなく、RYT500など複数の資格が取れる!
  2. ヨガインストラクターとして起業するノウハウを教えてくれる!
  3. 30日間の返金保証がある!

ぼっこのメリットは、「RYT200だけでなく、複数の資格が取れること」や「30日間の返金保証」があることが挙げられます。

また、ヨガインストラクターとしての起業ノウハウについても、しっかり教えてくれることが、ぼっこの特徴になります。

ぼっこのRYTオンライン取得のデメリット

ぼっこのRYTオンライン取得のデメリット
  1. オンラインだけでなく、対面実習を受ける必要がある
  2. 利用者の口コミ・評判の数が多くない
  3. 対面実習が全国17都市でしか受けられない

ぼっこのデメリットは、「オンラインだけでなく、対面実習を受ける必要があること」「対面実習は全国17都市でしか受けられないこと」があります。

対面実習ができる17都市は、以下になります。

  • 北海道(札幌市)、宮城(仙台市)
  • 東京、千葉、埼玉、神奈川(横浜市)
  • 静岡(静岡市、浜松市)、愛知(名古屋市)、岐阜、滋賀
  • 京都、大阪、兵庫(神戸市)
  • 岡山、広島、福岡

また利用者の口コミや評判の数があまり多くない事も、デメリットの一つと言えるでしょう。

ぼっこのRYT養成講座の無料資料の請求方法

ぼっこのRYT養成講座の無料資料の請求方法についてご説明します。

ぼっこの無料資料は、「割引クーポン」「ヨガの仕事図鑑」などRYT養成講座を受講しない方にも役に立つ内容がたくさん書かれています。

ぼっこの無料資料の請求①:公式サイトのトップページ上部「オンライン講座」をクリックする

ぼっこの無料資料の請求方法1

ぼっこの公式サイトの上の方にある「オンライン講座」をクリックします。

画像内の赤枠(赤矢印)の部分を参照にしてください。

ぼっこの無料資料の請求②:「新課程」の無料資料請求のボタンを押す

ぼっこの無料資料の請求方法2

「オンライン講座」を押して、次のページの「新課程の無料資料請求」のボタンを押します。

少し画面を下にスクロールした先に、該当のボタンがあります。

ぼっこの無料資料の請求③:無料資料請求フォームを記入する

ぼっこの無料資料の請求方法3

「新課程の無料資料請求」を押すと、無料資料請求フォームページに移動します。

姓名や住所など、無料資料の配送先を記載していきます。

ぼっこの無料資料の請求④:必要な情報を記入出来たら「送信」ボタンを押す

ぼっこの無料資料の請求方法4

興味のあるRYT受講コースにチェックを入れます。

「ぼっこを見て頂いた方法」は、ウェブ検索や口コミなどにチェックを入れると良いでしょう。

そして、送信(紫ボタン)を押すことで、ぼっこのRYTオンライン資料の請求が完了します。

無料資料請求はこちら

画像引用元:ぼっこ公式サイト